アオイシステムコラム 2016年12月16日

お久しぶりです。東京営業所のN階堂です。
年末の足音が日々近づいてきていますね。

実は私、最近歯のホワイトニングをしました!
毎日1箱のタバコを吸い、加えて毎日紅茶を飲んでいるためか、歯が黄ばんで見えるのが気になっていました。
それが原因で、仕事でお客様と接する時などに歯を思いきり出して笑うのにも抵抗がありました。
これを少しでも改善したく、以前から歯のホワイトニングに興味を持っていたのです。
でも友人からホワイトニングは費用が高く、施術後もかなり歯が痛くなると聞いていたので、今までなかなか踏ん切りがつかなかったのです。
が、今年こそはと思い、ついに先々月ホワイトニングにチャレンジしました!

家の近くでオフィスホワイトニング(歯科でしてもらう施術で、短期間で効果が出るそうです)をしてもらえる歯科を探しました。
いろいろ探しましたが、結局は信頼できるいつもお世話になっている歯科にお願いしました。
費用は3回で60,000円、やっぱり高いよ!!!(^^;
また、ホワイトニングをしたとしても施術後のメンテナンスを怠ると、白さは長続きせずある程度時間が経つと元に戻ってしまうそうです。
長期間白い歯を保ちたい場合は、さらに別の方法があるということですが、費用が高くなるため今回はあきらめました。

まず初回。
カウンセリングの後、歯石や汚れを落として歯のクリーニングして、それから何かの液体(漂白液?)を塗られました。
この液体が地獄を生むのです・・・
歯の中を蛇がうようよ動く様に痛みが広がり、歯に風が当たると激痛が走ります。
実は、歯の表面は透明で歯の白い色は歯の中にある軸の色なんだそうです。
それが加齢、ストレス、体質やタバコなどの生活習慣で、黄色くなっていき歯が黄ばんで見えるそうです。
その軸に薬が回るので、痛みが動くように広がるとのこと。
本当に地獄のような痛みに耐えた初回でした・・・

現在すでに、3回の地獄の施術を乗り越えホワイトニングは完了していますが、目に見えて白くなっているかどうかは・・・何とも言えないというのが個人的な意見です。
確かに歯の表面はピカピカになり、くすみや汚れは完全に落ちていますが、やはり中途半端な金額のホワイトニングでは20年以上のタバコの黄ばみは取れなかったということでしょうか・・・

ホワイトニングは、保険が適用されない自由診療扱いになることが多いです。
今後ホワイトニングを検討されている方は、歯科医と施術内容をよく話し合って、自分の歯と求める結果に最も適した方法を取った方がいいですね。
また、金額もケチると効果がイマイチかもしれないので良く考えて・・・

でも私はホワイトニングにより、気になっていたコンプレックスが解消され、営業職としての自信にもつながりました!
今年もあと少し、できるだけ数多くのお客様にお会いして、弊社システムを知っていただければと思っております。

スマホでWEB予約も簡単に!!
携帯予約オプションもあります、ビタミンシー

アオイシステム 東京営業所 N階堂