エステサロンに学ぶマスク使用のコツ 2018年4月5日

大変ご無沙汰のコラムになります、東京営業所のM野です。

ここ東京では最近ぐっと暖かくなり、とても過ごしやすくなったかと思いますが・・・私は花粉症の症状が例年より早く発症してしまい、2月中旬ごろからグズグズと苦労しております。
水のように止めどない鼻水は例年と変わらないのですが、今年は特に目や顔のかゆみがひどいのです。

花粉症対策にはマスクが必須ですが・・・そのマスクが、花粉症で荒れた肌をさらに悪化させる可能性があるということはご存知でしょうか。
マスクの素材が肌に合わなかったり、長時間使用による肌との摩擦だったりというのはすぐに想像できるのですが、意外なのがマスクの素材に施された抗菌処理です。
最近では抗菌作用のあるマスクも多く見かけるようになりましたが、その抗菌剤が刺激となり、過剰反応をおこしたり吹き出物が出たりすることもあるらしいのです。

ではマスクの他の対策は・・・。
いろいろ考えてみました。
空気中の汚れやブルーライトを防ぐクリームを塗るものの、日中はメイクをしているので塗り直しができないために十分な効果が得られませんでした。
エステサロン等に通って回復・免疫力を高める・・・といっても効果が出るには時間がかかります。
皮膚科で抗アレルギー薬を処方されても、既に症状が悪化しているためか効果が薄く、納得のいかない日々です。

結局、マスクに頼るのが手っ取り早く、しかも効果が高いという現実を見直しました。
そこで、マスクを上手く使う方法を、エステサロンに勤めている友人に教えてもらいました。
エステサロンに勤務していると、毎日長時間マスクを着用しますからね。

 1.長時間マスクをつけない
 2.こまめに取り換える
 3.自分に合ったサイズを選ぶ

の3点だそうです。
早速ドラックストアでマスクを物色してきましたが、最近のマスクは進化していますよね。
肌触りやサイズ、種類の豊富さ。
使い捨マスクでこの値段?!とびっくりするものもあり、選ぶのも一苦労です。
マスク依存症の人が急増しているそうですが、依存症にならいよう気をつけつつ、今年は花粉対策を頑張りたいと思います。

顧客管理ソフトVitaminCとの連動で、スマホ・携帯予約もカンタン便利に!
アオイシステム 東京営業所 M野