アオイシステムコラム 2017年11月2日

3月の「共通お題コラム」が好評だったため、お題をリニューアルして再登場です。
執筆者の方には共通のお題に沿った内容をお願いし、全5回を予定しています。
共通のお題は・・・「出張ごはん」ということで、出張にまつわる食事のお話をお願いしています。
予定執筆者は、インストラクター、開発スタッフ、営業スタッフ3名の計5名。
今回は3回目、東京から営業スタッフがお送りします。
どんな「ごはん」に出会えるでしょうか。

——————————

11月に入り寒暖差が激しい毎日に体調管理が大変な、東京営業所の営業 F山です。
さて今回は「お題共通コラム」でタイトルは「出張ごはん」です。

私の場合、地方への出張でも弾丸ツアーで慌ただしく過ごすことが大抵です。
ですので時間の余裕もなく、地方の名産を食せず帰路につくことが多かったりします。
そんな状況ですが、それでも記憶に残っているのが仙台でしょうか。

仙台での営業で無事に契約も成立して一安心、帰路につくため駅に向かっていたところで妻の顔が脳裏に浮かび、お土産でも買って帰るかと駅近くの何でもない土産店に寄り、目についた「ずんだ餅」を購入しました。
帰宅後、妻と一緒にその「ずんだ餅」を食べてみたんですが・・・
「美味い!これは美味い!!」
正直なところ私は「ずんだ餅」がどちらかというと苦手で、妻が好きだからという理由で選んだ程度だったのですが、そんな私でも「美味い!」と心から感じるほど。
東京で買う「ずんだ餅」の多くは、豆の香りというか”青臭さ”が残ってしまっていてそれが苦手でしたが、仙台のにはそれが一切ありませんでした。
本当にすっきりとした豆の香りが漂います。
これは正直驚きました。
特に値段が高いというわけでもなかったのですが、まさかここまで味わいがちがうとは・・・。

その後、納品で仙台を再度訪問した際、仕事を終え帰る間際のことでしたが今度は「牛タン」の看板が目に留まりました。
普段ならそんなに気にならないのですが、前回の「ずんだ餅」のこともあり「牛タンも仙台で有名だったなぁ」とがぜん興味がわいてきて、ふらりとその辺の店に立ち寄ってみることに・・・。
「美味い!これも美味い!!」
「牛タン」と言えば歯ごたえですが、その店で食べたものは厚みが違いました。
普通は厚すぎるとかたさを感じてしまいますが、それは食感も優しいままで、なおかつボリューミー。
味はもちろん、食感も量も非常に満足できました。
名産侮れなし!
後で詳しい者に聞いてみたところ、フランチャイズの店舗でさえもタンの厚さと質が違うとのこと。
私は”アタリ”だったのでしょうか。

それ以外の土地だと、長野の「とろろそば」、宇都宮の「餃子」、郡山の「喜多方ラーメン」・・・
あれ、なんだかんだで意外に食べていますね(笑)
私、海産物が好きなので、海の幸が美味しい場所からのデモ依頼を心よりお待ちしております。
では!

 

ビタミンシー無料デモ受付中!お申し込みはホームページから
アオイシステム 東京営業所 F山