お会計のお供にカスタマーディスプレイ 2018年12月20日

大阪営業所山Kです。
気が付けば今年のカレンダーも最後のページになっています。
ここ関西でもようやく冬らしくなって参りましたが、12月の初めの頃は未だ汗をぬぐいながら通勤していました。
季節感が感じられないのも当然です。

さて、今ちまたでは各種キャッシュレス決済サービスが話題になっていますね。
ひとことでキャッシュレスと言っても、今話題の「QRコード(※1)」を利用したアプリの決済サービス、非接触型ICチップが内蔵されたカードやスマホを専用端末にかざすだけの決済サービス、おなじみのクレジットカード、デビットカード、仮想通貨・・・などいろいろありますね。
私山Kはイマイチ時代に乗り切れていないオジサンでして、せいぜいクレジットカードや交通系ICカードの利用程度にとどまっています。
キャッシュレス決済は確かに便利で魅力的なサービスでしょうが、個人的には消費感覚が薄まるのを懸念したり、うっかり者の私はスマホの紛失や破壊をしてしまった時のリスクを考えたりして、新たなサービスシステムに乗り遅れている状態です。

 

ここ1~2年で新しいキャッシュレスサービスが続々と登場していますが、後発組もシェアで優位に立つためサービス開始当初は大規模なキャンペーンを打ち出したり、とにかく使ってみたくなる仕組みを考えてきていますね。
さすが大手のキャンペーン!と感じることもしばしばですが、少々踊らされている気にもなったりします。
次から次へと新しいサービスが誕生する昨今ですが、閉鎖的にならずいろいろ試して検討したうえで、自分のライフスタイルに合った物かどうかを考えて選んでいきたいと考えています。

そんな中、先日営業で訪問したサロンで、キャッシュレスサービスの導入準備を進めているというお話を伺いました。
そのサロンで採用した仕組みは、サロン側も特に専用レジの導入等もなく、スマホやタブレットにアプリを入れるだけでいい、という手軽さなんだそうです。
お会計時にお客様自身でお客様のスマホアプリへ会計金額を入力してもらうようなのですが、ここでオペレーションの問題が。
「会計金額をどうやってお伝えするのが、いちばんミスが少なくて確実か」とのこと。
口頭でお伝えすると聞き間違いが・・・、お客様に提示するために電卓や手書き伝票に転記すると読みにくかったり転記ミスが・・・。

待ってください!
VitaminCにはカスタマーディスプレイというオプション商品があります!


※イメージ写真です。実際の商品とは異なります

こちらはVitaminCで入力した会計金額を、そのままお客様側へ表示できます。
これがあると、口頭でお伝えする時の「え?もう1回言って」もなくなりますし、10円・1円単位の料金も分かりやすいですね。
電卓や手書き伝票に転記しなくても、VitaminCでお会計入力をすれば良いだけなので手間も減ります!
キャッシュレス決済サービス対応に限らず、もちろん現金でも大活躍です。
いかがでしょうか?ぜひ一度ご検討してみてくださいね。

※1 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です

各種周辺機器も充実!ビタミンシーで楽々お会計
アオイシステム 大阪営業所 山K