その写真大丈夫ですか? 2016年4月5日

ごぶさたしております営業のF山です。

前回の私のコラムをこのような言葉で締めました。

> ・・・実は次に関してのネタはこの更新の中にあります。
> さてなんでしょうね?

ヒントとしては、前回コラムに載せた2枚の画像に秘密があります。
この2枚です、違いがわかりますか?

体重計

体重計

 

・・・なんて、大げさに言うほどのネタでもないですね。
結果から言うと、2枚目の写真には「Exif(イグジフ)情報」がはいっています。

デジタルカメラで撮影した写真には、「Exif情報」というデータがついていることが一般的です。
例えば撮影したデジタルカメラの種類や、撮影時のカメラ設定、撮影日時などのデータなどです。

1枚目の写真は、その情報データを消してからコラムに載せました。
2枚目はわざとそのまま残してコラムに載せたのです。

一般の人にとって、これらの情報データがついたままだからといって、あまり問題にはならないかもしれません。
そのままインターネット上にアップロードして、どんなカメラを使っているか、どんなカメラ設定で撮影したか、なんて情報が漏れても問題ありませんし。

ただ一番気をつけたいのは、撮影した場所の位置情報データです。
デジタルカメラやスマートフォンでGPS機能を有効にしていると、位置情報データも記録されている場合があります。
つまり、あなたの撮影場所がご自宅であったり友人宅であったり、彼女の家だったり、それをうっかりブログなんかでアップしてしまうと、その場所がインターネット上の不特定多数の人にばれてしまうという危険性があります。

「Exif情報」がついたままの2枚目の写真を、位置情報データから住所を割り出すソフトにかけてみました。
すると・・・

Exif情報

このように表示がされるわけです。
はい、こちらがアオイシステム東京営業所の位置です。
(ちなみにこちらの位置情報データは適当に作成しているので、本来の所在地とはちょっと違っています。)

撮影した場所を思い出すために調べたり、「オススメの場所!」なんてブログで書いた時に位置情報データから場所を割り出すなんてこともできるから、使い方さえ間違わなければ大変便利な機能なんです。

ただ、デジタル写真にこういった情報データがついていることを知らず、撮影した写真に位置情報データが紛れ込んだままインターネット上に写真をアップする→住まいがばれる、撮影日時データをあわせて生活パターンがばれる、なんてトラブルも実際に発生しています。

子供たちと出かけた時にうちの妻がスマートフォンで撮影した写真を調べてみたら、見事に位置情報データが入っていました。
なんでも、初めて行く場所だったのでスマホアプリから行き方を調べていた際にGPS機能を有効にして、そのまま忘れて写真を撮ったとのこと。
いやあ、恐ろしいもんです。

現在、大手ブログサイトやSNSなどでは、画像をアップロードする際、「Exif情報」を自動的に削除してからアップロードしてくれるようにはなってるようです。
ただ、撮影した写真をスマートフォン同士でシェア、なんて流れもありますので、お友達が多い方達はご注意。
写真に位置情報データをつけたくない場合、スマートフォンでしたら撮影時にGPS機能を無効にしておくのが、簡単でおススメです。

特に彼女や奥様には・・・、
彼女や奥様とのやり取りには最大限のご注意を!
最大限のご注意を!!!
・・・いや別にやましいここことありませせせせんよ?

ではまた。

ビタミンシーならDMハガキもDMメールも簡単!
東京営業所 F山